【効果絶大】TOEIC学習のモチベーションを維持する方法を解説!

TOEICモチベーション維持する方法という文字と背景に直立する人の写真。

  • TOEIC学習するモチベーションが全然上がらない・・・
  • 集中してTOEICの学習に取り組むことができていない
  • なぜかTOEIC学習のモチベーションが低下してしまっている

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

私自身、TOEICの勉強でモチベーションを維持することが、非常に大変だと感じていました。なかなか学習内容に面白さを感じることができずに挫折しそうになりました

 

とはいえ、学習を継続しながら、TOEICで高得点(905点)を取得することができたので、そのコツやモチベーションを維持するための方法について紹介していこうと思います。

ねこ
TOEICの勉強においてモチベーションを保って継続することは、コツ次第でどうにかなります。

 

この記事を読みことで、TOEIC学習へのモチベーションはコントロールすることができるようになり、またモチベーションがないような状態でも継続できるようになります

 

 

TOEIC学習のモチベーションが低下する3つの原因

TOEIC学習モチベーション低下する理由という文字と背景に手で顔を隠す人の写真。

TOEIC学習のモチベーションが低下してしまう理由についてまずお話ししていきます。

モチベーション低下する理由

  • TOEICの点数が上がらず、成果が出ないから
  • TOEICは問題数が多く、ビジネス中心の内容であるため、あまり面白くない
  • 忙しいため、勉強時間が確保できない

3つの理由は、以下の通りです。

TOEICの点数が上がらず、成果が出ないから

1つ目が、なかなか成果が出ないからという理由があげられます。

勉強をしているにも関わらず、TOEICの点数が上がらないとやはりやる気を無くしてしまいすよね。

私も、学習を始めた当初は、自分なりに頑張って参考書に取り組んでいるのにも関わらず、点数が全く上がらず泣きそうになりました、、、

 

くま
最初に勉強した時は、やはり多くの人が難しいと感じてしまうよね

このように、学習しているのに比例して点数が上がらないとモチベーションが低下してしまう要因になります。

TOEICは問題数が多く、ビジネス中心の内容があまり面白くない

TOEICの内容ってけっこう淡白、つまり、あっさりしていてあまり面白くないんですよね。

ビジネス中心の内容にはなっているものの、特にすごい内容に興味が出てくるというものは珍しいため、どうしても内容がつまらないと感じてしまいがちです。

 

くま
確かに、受験の時の長文問題やTOEFLの内容と比較すると興味や面白さを感じることは少ないよね

 

やはり、内容が興味深いものだったり、新たな学びがあるものでないと、面白くないと感じてしまうこともモチベーションが低下してしまう要因の一つです。

忙しいため、勉強時間が減ってしまう。

なかなか勉強時間を確保できなくなってしまい、自身の学習時間が減ってしまうというのもモチベーション低下の一つの要因として挙げられます。

忙しいと、勉強時間を確保できず、1日やらないと次の日もめんどくさいからTOEICの勉強はしなくていいやとなってしまいがちです。

 

確かに1日勉強しない日があるとめんどくさくなって次の日もやらなくなってしまうんだよね
ねこ

 

TOEIC学習のモチベーションを維持し、上げるための方法

次に先ほどまで説明していきたモチベーションが低下してしまう要因を踏まえて、どうすればモチベーションを上げて学習を維持していくことができるのかについて説明していきます。

 

目標・目的を明確にする。|いつまでに何点取得するのかを設定する。

一つ目が目標・目的を明確にすることです。

例えば、以下のような具体的かつ定量的な目標を立てて、勉強するようにしましょう。

目標の具体例

・定量的な点数、取得時期を設定する。例:3ヶ月後の試験で700点取得する。

・できるだけ短期間での目標を設定するようにする。

 

特にTOEICの試験は、年間で開催される回数が他の試験と比較しても非常に多く、点数も明確に定量化されるため、目標の設定がとてもしやすいです。

くま
目標を設定し、集中的に取り組むことができるのはTOEICの大きなメリットだね

そのため、間違いなく、いつに何点取るかについてゴール(目標)を設定すべきです。

人は、期間が設定されたゴールがあると集中力が上がります例えば、試験前に時間が迫ると途端に勉強に集中できるようになったという経験を持つ人も多いはずです。

そういった状況と似た状況をを自ら作り出すために、TOEICの試験に申し込み、日程を決め、それまでに何点を目指すのかを明確にしておきましょう。

 

学習までのハードルを下げ、習慣化してしまう。

次のポイントが学習までのハードルを下げ、習慣化することです。

例えば、勉強していない人が、いきなり毎日3時間の勉強を3ヶ月間行なってくださいと言われたら、かなり難しいですよね。

それは、勉強が習慣化していないことに加えて、非常にハードルが高い目標であるためです。

 

学習のハードルを下げるとは、具体的には以下のようなものを指します。

学習のハードルを下げ、習慣化するコツ

  • 1日数分でもいいからTOEICの学習を毎日行う
  • 本だけでなく、アプリも併用してすぐに学習できるようにしておく
  • 模試問題集を分割して解く

こういった方法によって、学習のハードルを下げ、毎日TOEICの勉強を行うことで、TOEICの学習を習慣化させることができるようになります。

 

習慣化さえしてしまえば、モチベーションに左右されずにTOEIC学習が行えるようになります。

くま
とはいえ、習慣化するまでには一定の期間が必要だから、最初はめんどくさいと思っても数分でも毎日続けるようにしよう。

もちろん、数分だけだと学習時間は足りないですが、まずは習慣化して、その後学習時間を伸ばしていくことをおすすめします。

 

模試問題集は分割して解いてもOK

基本的にTOEICは、200問ぶっ通しで本番の試験と同じ時間で解いた方がいいとされています。

つまり、2時間を続けて解いた方が本番でいいパフォーマンスが出せるよという話です。

もちろんできるのであればその方がいいですが、僕はあまりこだわる必要がないと考えています。

くま
集中が続かなかったり、まとまった時間が取れない場合には、分割して問題を解くことをおすすめします。

僕自身、模試問題集を分割して解くことが多かったですが、点数はしっかりと上がりました。1日数問、数分でもいいという心持ちでハードルをできるだけ下げて学習を行いましょう。

TOEIC学習に効率的な学習方法で、短期間で成果を上げられるようにする。

次の方法が、TOEIC対策に効果的な学習方法で勉強することで、短期間で成果を上げられるようにすることです

最初に、モチベーションが低下してしまう要因として、勉強しているのに成果が出ないという理由を説明しました。

成果が出ない要因として考えられる主たる要因に、効果的な学習ができていないことが挙げられます。

 

そのため、効率的な学習方法をTOEICの勉強に取り入れ、短期間でのスコアアップを目指しましょう。

くま
スコアが上がり、結果が出て来れば、一気にTOEICの学習のモチベーションは上がります。

 

TOEICの効果的な学習方法の具体例としては、以下のようなものがあります。

✔︎ シャドーイング:聞こえきた音声を声に出して追いかけていくリスニング学習方法

✔︎ 音読:文の構造、意味を意識しながら、文章を読み上げていくリーディングの学習方法

こういったTOEICの学習方法については、以下の記事で解説しているので、併せてチェックしてみてください。

その他英語学習全般のモチベーションを維持するためのコツについて

今日は、メインとしてTOEIC学習を中心にモチベーションが上がらない時の対処法について説明してきましたが、モチベーションを維持するための方法は、その他にも数多く存在します。

 

英語学習のモチベーションが上がらない方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

 

TOEICモチベーションを維持する方法まとめ

今日は、TOEIC学習のモチベーションを維持する方法、低下しているモチベーションを上げるための方法について解説してきました。

モチベーションを上げるための方法は、以下の3つです。

以上の方法を行なっていくことで、モチベーションを維持しながら、TOEIC学習を進めることができます。

-TOEIC対策

Copyright© Bearblog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.