TOEIC文法|初心者におすすめの勉強法&参考書を900点越えが解説!

TOEIC英文法の勉強法を徹底解説!という文字と背景に本を読んでいる女性の写真。

  • TOEICの文法対策って具体的に何をどう勉強したらいいの?
  • 効率的に文法の対策を終わらせたい!

 

TOEICでは、文法の基礎を学ぶことが非常に大切です。

なぜなら、文法の基礎知識がなければ、リスニングを聞き取ること、リーディングで長文を理解する事の両方が難しいからです

今日は、TOEICで必要な文法の知識を身につけるための勉強方法とおすすめの教材について解説していきます。

 

くま
学習の早い段階で文法をマスターしてしまえば、その後の学習の効率が大幅に上がるよ!
今まで文法を後回しにしてたけど、早めに対策した方がいいんだね...
ねこ

 

記事の信頼性

留学なし、独学でTOEIC905点を取得しています。

自身の経験から、TOEICの点数を効果的に上げる方法を解説していきます。

 

この記事では、 TOEIC初心者が行うべき文法の勉強方法、おすすめの教材を紹介していきます。

 

 TOEIC文法の勉強で初心者が知っておくべき3つのこと

順番に解説していきます。

文法は、 TOEIC全体の対策として必要不可欠!

TOEICの対策を行う上で文法の対策は必要不可欠です。

 

なぜなら、文法の知識がなければ、文法問題だけでなく、リスニング、リーディングを含めた全体の内容を理解することができないからです。

 

逆にいえば、文法の基礎をしっかりと身につけることができれば、リーディング&リスニングともに高得点が狙えるようになってきます。

ねこ
文法問題のパートであるパート5のための対策だけではなくて全体に必要な対策なんだね

 TOEICの文法問題は、基礎ができれいれば難しくない

TOEICに出てくる文法問題は、難易度としては、それほど難しくありません。

文法の基礎事項となる品詞の知識や動詞に関する知識があれば、十分に安定した得点を取ることができます。

くま
基礎さえ出来ていれば、難しい問題は少ないよ

 

そのため、小手先のテクニックに頼らずにまずは、基礎を固めることをおすすめします。

短期間で文法の基礎をマスターすべし!

文法は重要であるとはいえ、長期間文法の学習のみを行なっているとモチベーションを維持するのが、難しくなってしまいます。

そのため、教材を使用して短期集中的に基礎的な部分を身につけてしまいましょう。その後は、必要に応じて応用的な内容を学習していくことで TOEICの実践力を身につけましょう。

 

文法は、短期集中でやった方がいいのか...。確かに飽きちゃって勉強が続かないから、短期間で早めにやっちゃおっと。
ねこ
くま
最初は、めんどくさいけど、文型とか基礎的な部分がわかってくるとモチベーションが上がってくよ

 

 TOEIC文法対策におすすめのアプリ・参考書

次にTOEIC文法の対策として使用するべきおすすめのアプリ、参考書について紹介していきます。

TOEIC文法対策におすすめのアプリ

スタディサプリイングリッシュTOEICコース

このアプリ一つで文法の基礎知識を網羅的に学習することができます。

また、講義動画もついているため、初心者でもわからない部分を解消しながら、挫折せずに学習を進めることができます

 

くま
初心者でも挫折しにくく習慣化しやすいアプリなので、おすすめだよ

 

その他におすすめの文法アプリについてもあわせて知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

スタディサプリは、有料ですが、今なら以下のリンクから1週間無料で使用することができます

 

▶︎スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

※公式サイトにリンクが飛びます。無料体験期間のキャンペーンは終了してしまう可能性もあるのでお早めに試してみることをおすすめします。

まずは、無料でやってみて効果的だと思ったら継続することをおすすめします。

 

 TOEIC文法対策におすすめの参考書3選

①Evergreen

文法の基礎事項がこれでもかと丁寧に解説されており、非常に理解しやすいです。

高校レベルの英文法を理解でき、確実な文法力が身につきます。ページ数が多いため、1日のペースを決めて取り組むことをおすすめします。

解説が丁寧であるため、初心者でも挫折せずに文法学習を行うことができます。

 

TOEIC文法L&R 出る 1000問

この約1000問にわたる TOEIC頻出問題を解くことができ、 TOEIC英文法の対策を網羅的に行うことができます

基礎から徹底的に文法問題を仕上げたい人におすすめです。

 

TOEIC満点講師のTEX加藤氏が作成しているだけあって、問題の質も非常に高いです。

 

これらの2つの参考書を学習することで、 TOEICの文法対策として十分な対策を行うことができます。

詳しい参考書の内容については、【最強の参考書】TOEIC文法問題でる1000問で文法対策は完璧!をご確認ください。

 

11 TOEIC TEST文法特急

より効率的に短時間で TOEICの英文法を勉強してたい人におすすめの参考書です。

TOEICの文法問題が一問一問丁寧に解説されているだけでなく、どうすれば最速で問題を解いていくことができるのかもわかります。

 

そのため、 TOEICの文法問題を解くのに時間がかかってしまうという人にもおすすめの参考書です。

 

その他文法以外の参考書も踏まえたリーディング全体の対策におすすめの参考書は、TOEICリーディングにおすすめの参考書7選【高得点必至】でまとめています。

 

TOEIC文法の勉強方法を徹底解説!

まず、最初に全体の手順ですが、以下の通りです。

以上のようなプロセスで学習を行うことで、 TOEIC文法の対策を十分に行うことができます。

 

①文法の基礎を身につける。

一つ目の対策として大切なことが基礎となる文法知識を身につけることです。

これは、TOEICのリーディング、リスニングの問題を解いていく上でも避けては、通れない部分の対策になります。

 

結局、文法の理解が疎かになってしまうと、リーディング、リスニングの際に、正しく文章を理解することができないためです。

✔︎基礎として身につけておきたい文法項目

・文型(英語の文章の形)

・品詞(名詞、形容詞、副詞などそれぞれの役割)

・一般動詞、be動詞(動詞の種類)

・時制(過去形、未来形、現在進行形、現在完了形)

・関係代名詞、不定詞

これらの項目を理解していないと、文法問題だけでなく、長文読解、リスニングも難しい状態になってしまいます。

 

くま
例えば、形容詞は、名詞を修飾するもの、副詞は、動詞、形容詞、他の副詞を修飾するものといった基本的な知識を身につけていこう

 

②パート5対策を中心にTOEIC用の問題演習を行う

次に、ある程度基礎が固まってきたら、TOEICの文法に特化した問題演習を行なっていくことをおすすめします

TOEICのパート5の文法問題は、全部で30問ほどあります。

 

リーディングの問題の中でも、約3分の1弱の問題量であるため、確実に得点したいパートです。

対策の効果がすぐに点数に現れやすいパートなので、以下に紹介する参考書等を使用してしっかりと対策をしていきましょう。

 

③模試問題集、公式問題集を使用して漏れをなくす

ここまで来たら、あとは、模試問題集、公式問題集と並行して問題演習を行なっていきましょう。

具体的には、模試問題集、公式問題集といった本番に近い問題集を解いていく中で、間違えた文法問題から、自分が理解できていない文法事項を把握し、復習することです。

 

 

最後のブラッシュアップとしてこのステップを行うことで、文法の理解できていない部分をなくしていくことができるため、確実に得点アップを図ることができます。

模試問題集、公式問題集を解く

間違えた部分を確認する。

理解が足りなかった部分を参考書(TOEIC文法L&R 出る順 1000、Evergreenなど)を使用して復習する。

①〜③を繰り返してわからない部分をなくしていく。

 

以上のようなプロセスでパート5の文法問題をブラッシュアップしていきましょう。

おすすめの模試問題集等について知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。リーディングの学習に必要な参考書を網羅的に記事にまとめています。

この記事を読むことで、具体的にどういった参考書で学習をしていくべきかがわかります。

まとめ

今日は、文法の学習方法、対策の仕方について解説してきました。

 TOEICの文法問題で一番大切なことは、基礎の部分をしっかりと身につけることです。

そのため、今日紹介した方法を実践して、対策をしてみてください。

 

また、TOEICリーディングの全体的な対策については、 TOEICリーディングで400点取得するための方法【独学可能】で解説しているので、気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

-TOEIC対策

Copyright© Bearblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.