英語の独学におすすめの最高の教材21選!【英語学習初心者へ】

英語を独学で勉強するときにおすすめの教材21選という文字。読書している女性の背景。

  • 英語を独学で勉強しようと思っているけど、どんな教材を使用すればいいのだろうか
  • 英語学習にできるだけ効果的な教材で学習していきたい。
  • 独学で勉強してきた人はいったいどんな参考書を使用しているのだろう。

英語を独学で学習する際に使用するべき教材についてまとめていきます。

英語学習を1人で行なっていく中で大切な要素として教材選びがあります。

 

質の高い教材を使用した方が学習の成果が上げやすくなります。

記事の信頼性

留学なし、独学でTOEIC895点を取得しています。

ブログでは、自身の経験から、TOEICの点数を効果的に上げる方法を解説しています。

 

くま
この記事を読むことで、発音、単語、文法、4技能別(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)にどういった教材を独学で勉強する際に、使用していくべきかが分かります。

英語の独学に絶対におすすめの最強の教材21選

以上が今日紹介する教材の一覧です。

どの教材を勉強しても英語の習得に役に立ちます。自分が英語を学ぶ目的とレベルに合わせて選んでみてください。

発音編(正しい英語の発音を身につける。)

英語の発音を身につけることで、スピーキング&リスニングの土台を身につけることができます。発音のおすすめの教材は、2つあります。

1. 英語耳

一つ目におすすめするのが、英語耳です。

英語耳では、正しく英語を発音するための発音の仕方を学ぶことができます。解説が丁寧で、自分で本当の英語の音を再現することが可能です。

 

具体的な発音の学習方法についても説明されており、正しい発音を習得するまでの具体的なプロセスを知ることができます。

英語の発音が実際に相手に伝わる発音に変わるので、非常におすすめの参考書です。

2. あいうえおフォニックス

2つ目の教材が、あいうえおフォニックスの本です。

この本では、フォニックス(つまり、スペルと発音の法則)を学んでいく中で、正しい発音で英語が読めるようになります

Youtubeのチャンネルもあり、そこで使用されている動画とこの教材がリンクしているため、効率的に学習を行なっていくことができます。

 

気になる人は、まずYoutubeを見てみてみてください。

かわいいイラストなので、子供向けかなと思いがちですが、中身は非常にしっかりとしています。

 

単語編(英語の語彙力を身につける。)

DUO

大学受験、TOEICTOEFL、英会話と様々なジャンルの単語範囲をカバーできる万能型の単語帳です。

 

まだどういった試験を受けるなど決まっていない、どの単語帳にしようか迷っている・・・

という人には、この単語帳を学習していくことをお勧めします。

 

質の高い例文と合わせて単語学習を行なっていく中で、確実に英語力が上がります。

Distinction

この本の最大の特徴は、より実用的な英単語の知識も学ぶことができる点です。

そのため、試験の学習だけでなく、英語を仕事や留学、旅行など実際に使用するレベルにまで向上させたい人におすすめの参考書です。

 

この一冊をこなすことで、本当の英語力の基礎を身につけることができます。

僕自身、早い段階でこういった単語帳を学習しておきたかった・・・と感じています。

金のフレーズ、銀のフレーズ

TOEICの学習を行うのであれば金のフレーズをおすすめします。

TOEICの頻出の英単語を網羅することができ、非常に単語力が上がります。

 

僕自身この本を学習してから、 TOEICの試験でわからない単語がほとんどなくなり、問題非常に解きやすくなりました。

金のフレーズの具体的な内容については、TOEIC最強の単語帳|金のフレーズをおすすめする理由と、勉強法を解説!の記事で説明しているので、気になる人は見てみてください。

 

TOEIC学習の初心者の方は、もう少しレベルの低い銀のフレーズから始めることをおすすめします。

文法編

次に文法について紹介していきます。文法を学習する上でおすすめの参考書は、以下の通りです。文法事項をしっかりと理解することで、英語の4技能(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング)の全ての底上げを図ることができるため、非常に大切です。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

この一冊で、中学英文法を総復習することができ、基礎はバッチリです。

解説が非常にわかりやすく、英語の最も基本となる、品詞や文型から基礎的な事項を1からしっかりと学ぶことができます。

 

本自体の分量もほどよく挫折せずに文法に関する基礎知識を身につけるのにおすすめの参考書です。

この本は基礎学習向けで少し物足りないと感じる人もいると思います。そういった人は、この本を学習した後に、後述する文法の参考書を学習に取り入れるとより広範囲の文法事項を身につけることができます。

Evergreen

この一冊で英文法の基礎学習は、確実に網羅することができます。一つ一つの文法事項がひとつひとつ丁寧に解説されており、学んでいる際に非常に理解しやすいです。

とはいえ、非常に量が多い参考書であるので、初心者の人は、上記の中学英語をひとつひとつわかりやすくを学習し終えた後、この参考書を他の問題集と合わせて辞書代わりに使用すると良いです。

TOEIC L&R 文法問題 出る1000

TOEIC向けの文法の参考書で基礎から網羅的に学習を行う場合に最もおすすめの参考書が、TOEIC   L&R 文法問題 出る1000です。

 

問題量はもちろんのこと、TOEICに出てくる頻出問題が網羅されており、質も高いため、おすすめの文法の参考書です。

TOEICの文法のより詳しい教材や学習方法については、 TOEIC文法の方法を徹底解説!確実に得点アップの記事でまとめています。

リスニング

次にリスニングの学習におすすめの学習教材について紹介していきます。

Friends

最初に紹介するのが、海外ドラマFriendsです。

このドラマを使用してリスニング学習を行うと非常に高いレベルまでリスニング力を上げることができます。

 

僕自身friendsを何十時間も見る中で、リスニング力が確実に上がりました。friendsは一定期間無料で見ることも可能です。

詳しくは、海外ドラマfriendsを3ヶ月間無料で見る方法をご確認ください。

TOEIC新形式精選模試 リスニング

TOEIC用として、おすすめなのが精選模試問題集です。

値段に対して収録されている問題数が5回と多く、また中身に関しても申し分ないため、非常にコストパフォーマンスが高いです。

 

その他のTOEICリスニングにおすすめの教材については、 TOEICリスニングの教材おすすめ7選【コスパ最強】でより詳しくまとめているので、ぜひ見てみてください。

TOEIC鬼のリスニング

こちらも TOEIC向けのリスニング教材です。

この教材では、TOEICのリスニング問題を倍速にして問題を解いていきます。

 

早いスピードの英語に慣れることで、通常の速度のリスニングがゆっくりに感じられるという効果を狙ったものです。マラソンでいう高地トレーニングのようなものです。

この本を勉強することで早い英語のリスニングへの対応力が格段に上がります。

リーディング

速読英単語シリーズ

普通であれば、英単語帳として使用されることが多いですが、実は、速読英単語は、リーディング教材としても非常に優秀です。

 

僕自身この速読英単語を使用して繰り返し音読を行うことで非常に速読力が上がりました。

長文の内容に関しても面白い長文が多く、興味を持って学習に取り組むことができます。また、単語はもちろん、和訳もしっかりと網羅されています。

TOEIC新形式精選模試 リーディング

TOEICのリーディング学習としておすすめの参考書が精選模試問題集です。

5回分のTOEICのリーディング問題が収録されています。

問題の質が高く、繰り返し解いていくことで英語力を間違いなく向上させることができます。

 

僕自身、この問題集を使用してTOEICで800点を超えることができました。

その他のリーディングの教材については、TOEICリーディングにおすすめの教材7選でまとめています。

Harry Potter

次に紹介するのが、ハリーポッターの英語版です。

読むのが難しいんじゃないかと思う人もいると思いますが、中身は比較的読みやすいです。

 

ストーリーに関しても申し分なく面白いので、楽しみながら、リーディング力を高めていくことができます。

ラダーシリーズ


リーディング力を身につけるのに、おすすめなのが、ラダーシリーズです。

自分の興味ある教材の中から選択することができ、楽しく英語を学んでいくことができます。

レベル別に難易度が分かれており、多読教材として使用することをおすすめします。

 

スピーキング&ライティング

次にスピーキングとライティングの参考書について紹介していきます。

13. 瞬間英作文

まず、スピーキングの参考書としておすすめなのが、瞬間英作文です。

瞬間英作文をおすすめする理由は、英語を話す感覚を身につけることができるためです

 

英語を話す際には、自分の中にインプットされた表現の中から適切な表現をとってきてアウトプットを行うことで英語を話します。

この瞬間英作文を行うことで、その感覚を知ることができ、英語をどのように話す方法がわかります。

TOEFLスピーキング&ライティング フレーズトレーニング


フレーズを暗記していく中で、スピーキング力、ライティング力が上がります。

この教材では、英語を話していく上で重要な表現を習得することができ、論理的に英語を表現する力が身につきます。

 

この本の最大のメリットは、便利かつ使いやすい英語表現を身につけることができる点です。

汎用性が高い表現を身につけることで、実際にスピーキングやライティングを行う際に、表現が思いつくようになります。

英語構文150

3つ目に紹介するのが、英語の構文150です。

様々な英語の構文パターンが記載されているため、ライティング、スピーキングの勉強になります。

 

僕自身、ここ本に収録されている例文をインプットしていったことで、自身のライティング力、スピーキング力を上げることができました。

この本は、英文の多様なパターンをインプットすることができるため、英語を解釈する力も身につけることができます。

数が非常に多いので、自分にとって使えそうな表現から学習することをお勧めします。

英語学習についての参考書

最後に英語学習を行う上で学習の参考となる本について紹介していきます。

DaiGoの英語勉強方法

この本では、科学的に英語の正しい学習方法を解説しています。

日本人が英語を話せない理由やどう学習するとより効率的に英語学習を行うことができるのかを知ることができ、英語学習を行っていく上で非常に参考になる内容になっています。

 

英語学習を本格的に始める前に読んでおきたい本です。

英語は3語で伝わります。

シンプルに英語を表現する方法が分かります。

どのように英語で表現すれば伝わる英語が話せるのか、どういった動詞を使用していくべきなのかがわかるため、英語を話すための方法を知ることができます。

 

自分で英語を話す感覚がつかめない・・・という人は、読んでおくべき本です。

英語学習の教材選びで重視するべきポイント

難しすぎないものを選ぶ

1つ目のポイントが難しすぎないものを選ぶ点です。

自分のレベルに合ったものを使用するようにしましょう。あまりにも難しいすぎるものを選んでしまうと挫折しやすくなるだけでなく、英語力が上がりにくいです。

 

自分のレベルにあった教材を選ぶことで、着実に英語力を伸ばすことができます。

学習の目的を考えて教材を選ぶ。

2つ目が、自分の目的に合わせて学習の教材を選ぶ点です。

例えば、海外で働きたい人や海外関係の仕事に関わりたいなどビジネス目的であればTOEICの勉強を選びましょう。

また、外国の人と英語を話したいのであれば、英語の基礎を勉強した後、スピーキング、リスニングの学習に力を入れて全体的に学習していく必要があります。

まとめ

今日は、英語の独学におすすめの教材について紹介してきました。

英語学習は、質の高い教材を選び、正しい学習法を行うことで、確実に成果を出すことができます。ぜひ参考にしてみてください。

英語を独学する際のより具体的なプロセスについては、半年間で英語ができるようになるために行うべきことの記事を参照ください。

それではまた!

-英語独学

Copyright© Bearblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.